素人がチアシードとは何なのか調べてみた

有名なモデルさんや多くの芸能人がダイエットに「チアシード」を利用していると良く聞きますよね。そんな人気のチアシードとは、どんなダイエット食品なのでしょうか?チアシードのチアとはマヤ語で「チカラ」という意味で、シードとは「タネ」。

南米ではチアシードと水があれば、人の生命維持が出来るとまで言われ、スーパーフードと呼ばれています。原産地は、主にメキシコなどの中南米で栽培されている、シソ科サルビア属のミントの一種です。見た目はゴマのようで、無味無臭の小さな果実の種です。

そのままで食べるとゴマのようにプチプチしています。チアシードには、黒色のブラックチアシードと白色のホワイトチアシードの二種類があります。ニ種類の違いは、ホワイトチアシードは品種改良されたもので、ブラックチアシードよりも品質や栄養価などが安定し優れています。スーパーフードと呼ばれるチアシードにはどのような栄養があるのでしょうか?

植物繊維、ビタミン、鉄分、カルシウム、マグネシウム、オメガ3脂肪酸など多く含まれています。大さじ一杯で、一日の必要な栄養素が半分も摂取できると言われています。特にオメガ3脂肪酸が注目されています。オメガ3脂肪酸とは、DHA,EPA,aリノレン酸などの脂肪酸の事でダイエットには欠かせない栄養素です。

チアシードはどのように利用するのでしょか?チアシードはそのままでも食べる事はできますが、ダイエットには水に浸して利用した方が効果的です。水分の吸収力が良く10倍にも膨らみ、満腹感が得られ栄養素も吸収し易くなります。

ダイエット中の何が辛いかというとやはり空腹との戦いですよね。チアシードの摂取方法には、皆さんいろいろな工夫し楽しく継続しているみたいです。

食事前に利用すると食べすぎの予防にもなりますし、脂肪がつきづらくなるそうです。食事の量を抑えても、チアシードを摂取していれば植物繊維が多いので便秘の心配もいりません。チアシードの豊富な栄養素で健康的にダイエットしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です